中年女性

化粧品の種類によってアンチエイジング効果が異なる

運動とマッサージと酸化

基礎化粧品

運動とマッサージを続ける

年齢肌対策に便利なのは、アンチエイジング用の化粧品です。利用するなら、日常のちょっとした部分を工夫することで、より高い効果を実感できるようになります。まずは、毎日の生活で表情筋を使うことを心掛けてください。テレビを見て大声で笑うのもいいですし、入浴中に表情筋をオーバーに動かすことでリンパや血液の流れが活性化し、アンチエイジングにつながります。また、化粧品を使う時にマッサージするのも有効です。リンパの流れに沿ってマッサージすることでよりリンパの流れが活性化して化粧品の吸収率が高まり、老廃物を外に排出しやすくなります。毎日続けることで顔の老化防止につながりますし、肩こりや頭痛の軽減にも有効です。ただ、あまり力を入れすぎて顎関節症にならないように注意してください。

顔の酸化防止対策に

年齢肌の原因の一つが酸化です。活性酸素の増加による酸化によって肌の加齢スピードが加速し、年齢よりも老けてしまうこともあります。酸化防止対策の成分が豊富に入っているのがアンチエイジング化粧品です。防止対策となるアンチエイジング成分、フラーレンやアスタキサンチン、コエンザイムQ10が豊富に入った化粧品を使う人が増えています。毎日朝晩使い続けることで肌に影響が得られた人が多いからです。毎日使い続けることで、美肌効果が高まるといわれています。アンチエイジング用の化粧品の値段はピンキリです。あまりにも高値の化粧品は継続が難しくなるので、自身の手が届きやすい金額の化粧品を購入することをおすすめします。